>  
  >  
省エネ住宅を基本とします

省エネ住宅を基本とします

 

■選び抜いた断熱材使用します



上の表はれぞれの断熱材の特徴を書いてみた物。

それぞれ色々な特徴があり、各社とも「自分のところが使っているものが一番!」と言っています。

 

弊社がえらんだのは。自然系断熱材のウール。

 

環境に優しく、水に強い。 そして断熱性能も高い。

全ての要素が、弊社の考える家創りの哲学に合致する断熱材です。

 

この断熱材は、『息吹木の家創り』でも大きな意味を持ちますので、そちらも見てみてください。

 

 

 

■断熱材は選ぶだけじゃダメですよ。


「断熱材は○○を使っているからばっちりです!」と大概の

  会社なら言うはずです。

  でも、弊社ではそうは思いません。

  

  

  断熱の“きも”は、どんな断熱材を選ぶかということよりも

  どういう施工をするか、の方が遙かに重要だからです。

 

 

  そのことをずっと語って来た私は、現場に入り、自ら施工する  ことでそのことを学びました。

 

  きちんと、しっかり施工することの大切さ

  一度現場に来て見てみてください。

 

■家の断熱性能を確かめる









 

断熱性能を語るとき、一番わかりやすいのは、今まで建てた家を見せてもらい、実際にその家の人の話を聞くこと。

耐震性能などと違って、これが一番わかりやすい、と思います。

 

でも、それを裏付ける数字としての性能も大切。

弊社では、その数値での裏付けもきっちりとさせて頂きます。

 
















クリックしてください。大きくなります。




上の表は、自分の家がどれだけの性能があり、どれだけ省エネになっているかをシミュレーションしたもの。

 

専門的に言えば Q値 = 熱損失係数(熱の逃げやすさの値)

           μ値 = 夏期日射取得係数(夏に差し込む日射量)

         

          なんてこともありますが、それよりも金額とか、省エネ度の方が大分わかりやすいかも。

 

いずれにしても、弊社の創る家は、夏涼しく、冬暖かい家です。

 

 

  • 断熱に関しては、難しく語り出すときりがない、というか、数学の勉強になりますので、これくらいで。
     
    ただ、家づくりにとってはすごく大切なことなので、皆様に少しでもご理解頂きたい、という想いから
    『家の燃費』という項目を作って、分かりやすく書いてみました。